廃車費用の相場は?愛車を処分しないでお金を得る方法

 

こんにちは!
当サイト管理人のMr.Naruです。

 

 

当サイト「廃車費用の相場は?愛車を処分しないでお金を得る方法を
教えます!」では、私が実際に愛車を廃車処分せずお金を得ることが
できた体験を広めたくて開設しました。

 

もし今あなたが愛車の廃車処分を考えているのでしたら、廃車処分の
相場を知ることも大切ですが、廃車処分の費用を払わずにお金を得る
方法についても考えてみてはいかがでしょうか?

 

きっとあなたのお役に立つサイトとなっていますので、
ぜひ最後までお読みくださいね!

 

 

今の車が古くなってきたので廃車にしたいが、廃車の費用の相場を知りたい・・・

 

一般的に「今の車を処分する=廃車にする」という流れは分かりますが、ここでちょっと立ち止まって考えてみませんか?

 

なぜなら、もし事故を起こしてしまって走行不能になってしまっているのなら廃車するのも分かりますが、それ以外の理由なら、まず車を無料で買取業者に査定してもらうべきです。

 

素人判断で廃車にするのは本当に勿体ないですし、もしかしたら思いの他、高い査定金額が出るかも知れないのです。

 

もしそうなれば廃車費用を支払わずに、逆にお金を得ることもできるので本当に最高ですよね。

 

そしてそのお金で、新車に買い替える予定なら新車の頭金にプラスしたり、カーナビなどのオプションの足しにもできますし、

 

更に予定よりグレードアップした車種やグレードが狙えるかも知れません。

 

また、もし残念ながら買取業者による査定が0円だったとしても、廃車にしないでそのまま車を引き取ってもらえば面倒な廃車手続きをしないで処分できますので、余計な廃車処分費用を支払う必要もないんです。

 

愛車を処分する前にまずは【一括査定】を利用して廃車費用の相場と比較しよう

 

 

車買取人気ランキング

コンビニ雑誌でも有名なGooの買取では、あなたの愛車を高値で
売却できる全国の提携店舗からお店探しを徹底サポート!
いかに高価買取で多くの支持を得ているのかは利用者数が300万人突破
という実績から分かります。まずはその実績を試してみてください!

ローラの広告で有名なユーカーパックでは、1回の査定で最大1,000社が
あなたの車に金額提示!買取価格がグングン上がるのが特徴です。
しかも完全無料の査定依頼はPCやスマホからの申込がわずか30秒!
多くの店舗に出向かなくても本当の最高額で売却できます。

中古車の無料一括査定依頼でお馴染みの【ズバット車買取比較】では、
大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼!
しかもその手続きはPCやスマホからわずか1分の入力だけでOKです。
現在、期間限定で現金10万円他が当たるキャンペーン実施中です!

 

 

廃車買取専門店ランキング

「一括査定よりも一発高額査定!」事故車買取のタウでは、毎日130台の圧倒的買取実績を誇り、業界トップならではの高価買取を行っています。
もし、事故や故障でお困りでしたら、修理・廃車の前に、まずはタウで
買取金額をチェックすることをお勧めします。

「顧客満足度95%」廃車手続き・レッカー無料のカーネクストは、
事故・故障・廃車どんな車でも0円以上の買取保証を行っています。
また今なら何と査定額に1万円上乗せのキャンペーンを実施中!
まずはカーネクストで無料査定をしてみませんか?

廃車引取り・廃車手続き代行・スクラップ費用が全て無料!
さらには自動車税・重量税・自賠責保険の還付まで全てを安心お任せ!
廃車ラボでは、廃車にかかる費用が一切無料!完全無料で廃車を
お引き取りしますので、一度見積を依頼してみませんか?

 

車を廃車にすれば費用もかかるしスクラップに・・・

 

もう一つこのサイトでお伝えしたいのが、車を廃車にするということはスクラップにされてしまうことなんですね。

 

 

例え古くなってきた車でも、新車の頃は納車が楽しみだったり、また家族や恋人と旅行に行ったりと、あなたの人生の楽しい時も悲しい時も傍で一緒に走ってきたパートナーではないでしょうか。

 

もし、あなたの車を廃車処分せずに買取してもらい、そして次のオーナーに引き継がれば、あなたにとっても車にとっても幸せなことなのではないでしょうか。

 

日本では廃車とみられる車でも、海外では現役バリバリです

 

日本では、古い車=廃車というのが一般的な考えかも知れませんが、海外の発展途上国などでは日本国内ではまずほとんど廃車にされ見かけないような年式の車でも現役バリバリで走っているんですよ。

 

 

なぜなら海外では「日本車は故障しにくい」と言われ人気が高いので、多少古くても高価で取引されているんですね。

 

ということは、つまり、海外に輸出し販売するルートを持っている買取業者なら高価で買取してくれるということなんです。

 

古い車はクラシックカーとしての文化的価値を持っている

 

日本では古い車をは買い替え廃車にするという考えが一般的ですし、新車登録10年以上の古い車には自動車税を加算するなど、どうも国を上げて古い車を廃車処分して新車に買い替えさせようとしているところがありますが、海外では逆に古い車の課税について減税している国もあります。

 

その理由は古い車を廃車にするということは費用もかかるばかりか、廃車によるスクラップにより環境負荷にもなると考えられているんですね。

 

また海外では「古い車=クラシックカー」として文化的な扱いをしているところも多いんです。

 

車は人々にとって本当に身近な存在であり、また車種によっては10年〜20年以上前に生産された車でも高値で取引されているのも多いのです。

 

例えば漫画「頭文字D」で登場した、トヨタ・スプリンタートレノ(AE86)、マツダ・RX−7(FC3S、FD3S)、日産・スカイラインGTR(BNR32)などといった車は、日本国内だけではなく海外でも非常に人気があり、中には新車以上の値段が付く場合もあるんです。

 

 

ということは古い車を素人判断でそのまま廃車にし費用を払うなんてもったいないですよね。

 

もしかしたら、あなたの愛車が古くても、その車を欲しい人さえいれば高く買い取ってくれるかも知れませんし、もし改造やチューニングしてある車だったりすると、専門に買い取る専門店もあるので相談するのもいいでしょう。

 

ちょっと特殊な車は廃車処分する前に専門業者へ依頼する

 

一言で車といっても沢山の種類がありますよね。

 

例えば国産車があれば輸入車がある、そしてトラックなどの大型車、商用車、一部のマニアの間では絶対的な人気を誇るアメリカ車、そして乗用車を改造したVIPカーやバニング、チューニングカーなど、普通の買取店での査定ではなかなか値段が付かなくても、こういったある車の種類に特化した専門の買取店なら、信じられないくらいの値段が付く場合もあるんですね。

 

 

ですので、ちょっとくらい特殊だったり年式が古かったりしても、廃車として処分する前に買い取り相場をしっかりと知ることが大切なんです。

 

また、大手の買取業者の中には個人売買を仲介してくれるサービスを行っているところもあるので、ちょっとマニアックな車なら業者にお任せしておきながら相場より高く方法もありますね。

 

ただし廃車にした方が費用もかからずいい場合もある

 

今までは、愛車は廃車処分せず費用をかけないでお金を得た方が良いとお話してきましたが、中には廃車にした方が良い場合もあります。

 

例えば、修復不能な事故車や水没車、またずっと放置されたままで朽ち落ちた車などです。

 

 

さすがにこのような状態だと、買取店での査定はゼロなばかりが逆に費用を請求されるかもしれませんが・・・

 

実は、廃車買い取りの専門店も実際にあるので、こういった専門店に依頼すれば値段が付くばかりか、面倒な廃車手続きまで行ってくれるので一石二鳥ですね。

 

普段乗らない車を廃車処分せずにいるともったいない理由

 

また中には、もう乗ることがない車や不要な車を、廃車処分の手続きが面倒だといった理由でそのままにしているというパターンもあるかと思いますが、それは本当にもったいないということについてお話します。

 

 

その大きな理由はお金のこと・・・当然のことなのですが、車は所有しているだけで、自動車税や自動車重量税といった車に関する税金がかかります。

 

例えば、自動車税は車を持っているだけで毎月かかりますね。

 

この自動車税は、普通乗用車と軽自動車では異なるのですが、いずれも毎年4月1日の時点で所有している車体に課税され、7月頃に納付書が届く仕組みになっています。

 

また、車両を購入した場合は、その該当する月にその年度分を払いますが、廃車にした場合でも残りの月分が戻ってくるんですね。

 

そして、もう一つ車にかかる税金は、車の購入時や車検時に課税される重量税です。

 

平成17年1月から、使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)の施行と同時に、使用済自動車に係る自動車重量税の廃車還付制度が創設されましたので、

 

自動車リサイクル法に基づき使用済自動車が適正に解体され、その際に永久抹消登録申請又は解体届出と同時に還付申請が行われた場合、残りの車検残存期間に対して自動車重量税額が還付されるようになったのです。

 

ということは、もし普段使うことのない車は、すぐにでも廃車した方が還付される額も多くなるのでお得ということになります。

 

ただし、ただ車が古いから廃車・・・という素人判断だけで廃車にしてしまうのは廃車費用がかかるだけでもったいない場合が多いです。

 

なぜなら、もしかしたらその車にはまだ需要があるかも知れませんので、買取店に査定を依頼すれば、思いの他、高値が付くかもしれませんよ。

 

しかも、車の引取りや売却時に必要な書類手続きといったことまですべて行ってくれるので一石二鳥ですね。

 

廃車費用の相場は?これだけかかります

 

車を廃車にするということは、先にもお話したとおり費用がかかりますが、その相場は一体いくらくらいなのでしょうか。

 

残念ながら廃車費用の相場については一概には言えません。

 

その理由は、廃車する車種、そして車の状態によって解体費用も変わってきますし、場合によっては無料になる場合もあるからです。

 

とは言っても、当サイトでは車種ごとの廃車費用の相場についてお話して行きますので安心して下さいね。

 

廃車費用の相場の基本はこうなっています

 

  • 自手で廃車手続き(抹消登録)する場合の費用 ※下記「自分で廃車手続き(抹消登録)をする場合の廃車費用相場」参照
  • 解体費用
  • 抹消登録費用(自分で行う場合は無料

 

となり、もし、一時抹消登録の場合は350円が費用としてプラスされます。

 

また、最寄りの陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)への廃車手続きを解体業者や行政書士に依頼する場合の抹消登録については、2,000円から10,000円の費用がプラスされるのです。

 

そして、車をただ解体する場合は、解体業者や、その時の鉄の相場によっても値段が上下する場合もありますが、鉄くず(鉄スクラップ代金)として・・・

 

  • 普通車なら、1万円から3万円
  • 軽自動車なら、3千円から1万円

 

といったほどのお金が支払われる場合もありますので、廃車手続きをしたことで、その費用が若干プラスになる場合もあるのです。

 

自分で廃車手続き(抹消登録)をする場合の廃車費用相場について

 

解体業者への廃車持込み(※1)
リサイクル料金(※2) 廃車費用相場総額
持込み(無料) 支払い済み(無料) 無料
持込み(無料) 軽自動車(8,000円) 8,000円
持込み(無料) 国産車(10,000円) 10,000円
持込み(無料) 輸入車(15,000円) 15,000円
持込み(無料) 大型車(20,000円) 20,000円
引取り依頼(1万円) 支払い済み(無料) 10,000円
引取り依頼(1万円) 軽自動車(8,000円) 18,000円
引取り依頼(1万円) 国産車(10,000円) 20,000円
引取り依頼(1万円) 輸入車(15,000円) 25,000円
引取り依頼(1万円) 大型車(20,000円) 30,000円

 

  • (※1)解体業者への廃車持込み費用は、引取り依頼の場合、お住まいの地域や廃車車両の引取り距離によっても異なることから、概算として1万円で計上しています。
  • (※2)自動車のリサイクル料金はあくまでも目安です、自動車メーカーや車種によって異なりますので、詳しくは各自動車メーカーのホームページで確認してください。

 

廃車にしようと思った車が一括査定で20万円得した件(サイト管理人の体験談)

 

廃車しようと思った車が何と20万円で売却し得した、私の体験談をお話しますね。

 

私の以前の車は、フォルクスワーゲンゴルフの5代目いわゆる1Kと呼ばれるモデルの2.0GL-iというグレードの車で、2004年に日本市場でもデリバリーが開始されすぐさま購入したのです。

 

以前から輸入車に乗りたいという憧れがありゴルフにしたのですが、確かに走行性能は最高.。

 

しかしその反面、電気系統のトラブルや内装のヤレが酷く乗り換えを考えていたところ、再び電気系統のトラブルが発生し、ディーラーで修理費用を見積もってもらったところ何と修理代が約30万円。

 

もう、これは思い切って廃車にするしかないと思いました。

 

そこで次の車を探しに国産車のディーラーに車を見に行き査定を依頼したところ出た答えは3万円。

 

もう、これは廃車にするしかないと一瞬迷いましたが、実は査定ゼロを覚悟していたので、もしかしたらもう少し値段が付くのでは?という期待の元、一旦ディーラーを後にし、地元の買取店を何店か回ってみました。

 

そうすると「ワーゲン系は例の燃費不正で値段が付かないんだよね」とか「外車は得意じゃないからね」といった理由で、先のディーラーと変わらない2万とか3万とかしか値段が付かないのです。

 

結局、時間ばかりがかかり落胆していた時、帰宅途中の車内でラジオの「車の一括査定」の宣伝を聞き、これしかないと早速スマホから申込してみました。

 

車種や年式、走行距離といった基本的なことを入力するだけで、その時間は僅か1分程度。
しかもその日中に各社の担当者から連絡が来たので本当にびっくりしました(笑い)

 

そして翌日、何社から来た査定価格の中で一番高い査定額を提示してくれた会社へ早速連絡すると、当日中に担当者が自宅に来て改めて査定してもらいました。

 

そして結果として、電話で聞いた査定額にプラスして何と20万円で売却できたのです。

 

思った以上の買取額でしたので、今は新車の新型マツダCX−5を購入し週末のドライブを楽しんでいます。

 

 

こうのように、私が車を思った以上の値段で売却できたポイントは・・・

 

  • 古い車、故障車だからと言ってすぐに廃車にしなかったこと
  • 車の一括査定を利用したこと

 

という2つの点に尽きますね。

 

しかも、自宅のパソコンや普段使っているスマホから簡単に一括査定を申込できるのでとても簡単ですし、

 

入力すればすぐに査定買取会社から連絡が来るし、各社からの査定額を聞いて一番高い会社に買取を依頼すればいいので、何件も査定買取会社を回ってといった無駄な時間が取られることもないので本当に便利ですよ。

 

自分の車を少しでも高く売却したい、すぐにでも売却したい方には特におすすめします。

 

愛車を処分する前にまずは【一括査定】を利用して廃車費用の相場と比較しよう

 

 

あなたの愛車をあまり考えず簡単に廃車処分してしまうのはもったいないですし、愛車の無料査定を受けて、廃車費用の相場と比較してから処分しても遅くないですよ。

 

「愛車が古いから値段が付かない」と普通は思いがちですが、実は結構高く売れる場合が多いんです。

 

まず手っ取り早くあなたの愛車の買取価格を知るためにも、インターネットの一括査定を利用してみてはいかがですか?

 

車種と年式、走行距離を入力するだけで、簡単に大手買取業者からの買取知ることができます。

 

ということは、面倒な買取業者周りをしなくても、自宅に居ながら買取価格を知ることができるのでとても便利なので、一度試してみる価値が大いにありです。

 

車買取人気ランキング

コンビニ雑誌でも有名なGooの買取では、あなたの愛車を高値で
売却できる全国の提携店舗からお店探しを徹底サポート!
いかに高価買取で多くの支持を得ているのかは利用者数が300万人突破
という実績から分かります。まずはその実績を試してみてください!

ローラの広告で有名なユーカーパックでは、1回の査定で最大1,000社が
あなたの車に金額提示!買取価格がグングン上がるのが特徴です。
しかも完全無料の査定依頼はPCやスマホからの申込がわずか30秒!
多くの店舗に出向かなくても本当の最高額で売却できます。

中古車の無料一括査定依頼でお馴染みの【ズバット車買取比較】では、
大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼!
しかもその手続きはPCやスマホからわずか1分の入力だけでOKです。
現在、期間限定で現金10万円他が当たるキャンペーン実施中です!

 

 

あなたの車が事故車、不動車だから値段が付かないと諦めていませんか。

 

実は事故車や不動車はとても需要が高く、専門業者に依頼すれば思った以上の高価買取が可能ですよ。

 

廃車する前に一度相談してみるのが廃車処分の賢い方法です。

 

廃車買取専門店ランキング

「一括査定よりも一発高額査定!」事故車買取のタウでは、毎日130台の圧倒的買取実績を誇り、業界トップならではの高価買取を行っています。
もし、事故や故障でお困りでしたら、修理・廃車の前に、まずはタウで
買取金額をチェックすることをお勧めします。

「顧客満足度95%」廃車手続き・レッカー無料のカーネクストは、
事故・故障・廃車どんな車でも0円以上の買取保証を行っています。
また今なら何と査定額に1万円上乗せのキャンペーンを実施中!
まずはカーネクストで無料査定をしてみませんか?

廃車引取り・廃車手続き代行・スクラップ費用が全て無料!
さらには自動車税・重量税・自賠責保険の還付まで全てを安心お任せ!
廃車ラボでは、廃車にかかる費用が一切無料!完全無料で廃車を
お引き取りしますので、一度見積を依頼してみませんか?

 

よくある質問〜廃車費用相場のQ&A〜

 

   車検切れ・自賠責保険未加入の場合は廃車処分できるの?

 

 

車の処分を考えている方の中には、ずっと倉庫に止めたままになっているとかの理由で、車検や自賠責保険の期限が切れている場合もあるのではないでしょうか。

 

では、車の車検切れ・自賠責保険未加入の場合、廃車処分は可能かといいますと、一言でいえば可能です。

 

しかし、普通に車検が残っていて自賠責保険が加入となっている車と比べ、ちょっとだけ廃車処分までの手続きが違います。

 

 

   車の所有者が亡くなった場合の廃車処分方法は?

 

 

家族が亡くなり、生前に愛用していた車を処分したい・・・いざそう思ってもどうしたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

 

家族が亡くなるというのは、様々な手続きが必要でありながら、悲しく精神的にも落ち込んでいる時に進めなくてはならないので本当に大変です。

 

では、所有者が亡くなった場合の廃車処分方法について紹介していきますが、ぜひ冷静になって進めてくださいね。

 

 

   車の所有者名義が違う場合の廃車処分方法は?

 

 

実際の車の所有者名義が違う形で日々車を使用している方も多いと思います。

 

例えば、親の名義で買った車をそのまま引き継いでいる場合などです。

 

しかし「古くなってきたから買い替えのため廃車処分したい」といった場合はどうすればいいのか・・・ここでは、車の所有者名義が違う場合の廃車処分方法について詳しく紹介して行きます。

 

 

   他県ナンバー車の廃車処分はどこでするの?

 

 

車を廃車処分する際によく相談されるのが「他県ナンバーの車の廃車処分は、購入した県にナンバーを返す必要があるの?」という質問です。

 

結論からいえば他県ナンバー車の廃車処分は他の都道府県で可能ですが、廃車処分する時の状況によっても異なりますので、これからその違いについて詳しく紹介して行きます。

 

 

   エンジンがかからないといった致命的なトラブルがある車の廃車処分は?

 

 

エンジンがかからないといった致命的なトラブルがある車など「修理費用が高く付くから」といった理由でそのままにしているケースが結構あると思います。

 

こういった場合多くの人は「エンジンが動かない車なんて廃車処分するしかない」と考えがちかも知れませんが決してそんなことはありません。

 

では、そういった車の正しい廃車処分方法について詳しく紹介して行きます。

 

 

    自動車税を滞納している場合は廃車処分できるの?

 

 

車を所有していると関わってくるのがお金のことですが、その中でも毎年支払う自動車税をもし滞納していた場合、車の廃車処分はできるのでしょうか。

 

実際に車を廃車処分しようとしたものの、自動車税の支払いがまだだったので躊躇してしまったという話も聞きますので、ここで詳しく説明して行きますね。

 

 

実際に車の一括査定を利用して得した人の口コミ

 

自分の車を古いから、または値段が付かないからといった思い込みで廃車処分したり、また自動車ディーラーにそのまま下取りしたりせず、一括査定で一般的な相場より高値で買取してもらって得した方が大勢いますが、そういった人達方寄せられた口コミを紹介します。

 

今度はあなたが得する番です。もし車の処分を考えているのでしたら、面倒くさがらずに一括査定をぜひ利用してみてくださいね。

 

スバルレガシィツーリングワゴンを一括査定で相場を知ってから売却したA氏の口コミ

 

Aさんはスバルレガシィツーリングワゴンの売却で、一括査定を利用したことにより、ディーラーの査定より何と42万円もプラスになりましたが、その体験談と口コミを紹介します。

 

Aさんの一括査定で得した口コミの続きを読む

 

トヨタ・ヴィッツを一括査定で相場を知ってから売却したB氏の口コミ

 

Bさんはトヨタ・ヴィッツの売却で、一括査定を利用したことにより、地元の買取業者の査定より何と14万円もプラスになりましたが、その体験談と口コミを紹介します。

 

Bさんの一括査定で得した口コミの続きを読む

 

まとめ

 

当サイト「廃車費用の相場は?愛車を処分しないでお金を得る方法を教えます!」についていかがでしたでしょうか。

 

サイト内で何度もお話してきましたが「古い車=廃車」という概念にとらわれずに、まずは自分の車の状況等などから判断し、買取査定を利用したり、場合によっては廃車買取業者を依頼したりと、少しでもあなたの有利になるよう進めてくださいね。

 

あなたの車の売却について当サイトが少しでも参考になり、より高値でスムーズに進めば本当に幸いです。